本文へスキップ

創業明治40年。
清酒 酔機嫌、碧天 醸造元 ヨイキゲン株式会社

お電話でのお問い合わせは
TEL.0866-94-0011

酒蔵概要about us

会社名: 
ヨイキゲン株式会社
所在地:
〒719-1175 岡山県総社市清音上中島372-1
電話番号:
0866-94-0011
Fax番号:
0866-93-4052
代表取締役:
渡邊 信行
資本金:
2800万円
従業員数:
5名

沿革

創業から移転まで(1907年〜1967年)

創業は明治40年。初代渡辺捨吉が下道郡穂井田村(現 倉敷市真備町服部)で創業昭和初期の蔵しました。仕込み水には高梁川の支流である小田川の伏流水と、蔵の南側にある弥高山から流れてくる山水を使っていました。当時の商標は富禄正宗です。







大正13年には「全国酒類醤油品評会」にて一等賞を受賞。製造量が増えるにつれ醸造用水の確保に難儀し、創業から60年目の昭和42年には現在の地、清音に移転しました。



移転から最盛期(1967年〜1973年)

日本酒の出荷ピークは1973年。その直前に移転した弊社は、伸び続ける出荷量に対応すべく、2000坪の用地を確保し設備の増設を行いました。当時は桶売り(未納税移出)用の製造も盛んでしたが、昭和40年代には国からの製造石数の割り当てもなくなり、次第に桶売りの量も減ってきました。


量から質の時代、そして多様性が求められる(1973年〜2017年)

当蔵では昭和50年代の焼酎ブームの時期に蒸留設備を導入し、米焼酎の製造を始めました。日本酒消費量が減りつつある時代でも減少幅は緩やかで、まだまだ「アルコールといえば日本酒」という時代でした。しかし平成に入り社会的な変化や酒類の多様性、そして量よりも良い酒を少量だけ嗜む傾向が見受けられます。


解体から始まった今後(2017年〜)

市場の変化に伴い一般酒販店が軒並み廃業することにより弊社の売上も激減する中、50年前に移転した当時の設備と広大な敷地を維持しながら経営してゆくことは困難になりました。また、かつての主要販売酒、普通酒の販売も苦戦しております。
熟慮した結果、土地の大部分を売却し、残った土地で新たに特定名称酒を中心とした酒造りを始めることを選択しました。製造環境の一変した所で、自分自身で酒を醸してゆくことは中々大変なことではありますが、ひとつひとつ基本に忠実に、そして今まで酒造りで得てきた知識と技術を基に、酒造りに臨みます。

information店舗情報

ヨイキゲン株式会社

〒719-1175
岡山県総社市清音上中島372-1
TEL.0866-94-0011
FAX.0866-93-4052
e-mail. info@yoikigen.co.jp

→アクセス